珈琲について

焙煎コーヒーの保存

高温多湿を避ける
(冷凍・冷蔵に保管するのが望ましい)
コーヒーは生鮮食品と同じである

コーヒーの味チェック

  • 苦味が強い…深煎豆の配合率が多い
  • 挽き方が細かすぎる。抽出時間が長い
  • コーヒーの粉が多すぎる
  • 酸味が強い…焙煎が浅く、ムラがある。
  • ミルの摩擦で挽く時間が長く、不均一の挽き
  • 水が新鮮でない
  • コクがない…焙煎不適。抽出時間が短い
  • 挽き方が粗く不揃い。湯が多く、温度が低い。
  • 香りがない…水質が悪い。粉が古い。焙煎不適。生豆の選定不足。